おみくじの全て

東京大神宮の縁結び効果で人気の、的確な「みおしえ」と評判の「おみくじ」です。

東京大神宮はおみくじの種類も豊富で、 さて、おみくじと思っても種類の多さで迷います。

恋みくじ、血液型みくじ、縁結びみくじ、華みくじ、など実に多彩です。

◆恋みくじ
表情や着物の色柄がひとつひとつ違うお人形なので、お好みのものを選べます。幸せを与えてくれる可愛らしい和紙人形の付いたおみくじで、
恋愛を成就させるアドバイスがたくさん書かれ、的確なアドバイスと評判のおみくじです。


◆血液型みくじ
楽しみいっぱいのおみくじで「恋愛」「金運」「受験」などのアドバイス、「性格診断」と「血液型相性表」などまであり、さらに開運招福のお守りまが付います。


◆縁結びみくじ
歴史的にも知られる小野小町など有名歌人の「恋の歌」で記されているも美しい色のおみくじです。花の香が染み込ませてあり、おみくじの後は栞としても使えます。おみくじ効果と「しおり」2度楽しめます。


◆華みくじ
花が咲いたように、立体的に花が浮き出ますから、おみくじを開くのも楽しいおみくじです。お願いごとを書き込む開運招福おみくじですから、お願い事が成就することを願いながら効果を待ちます。


どれにしようか迷いますが、参拝ごとに違ったおみくじを楽しまれるのもいいですよ。
東京大神宮のおみくじ、お守りの授与時間は9:00〜17:00までです。


posted by daijinguu3 at 23:47 | おみくじの種類と順番 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

おみくじの種類の順番

東京大神宮のおみくじを引くつもりだったのに、親類のお爺ちゃん、お婆ちゃんを案内して靖国神社を先にお参りして北の丸公園を散歩。

東京大神宮に負けないくらいお守りも豊富なんですね。おみくじを引いたお婆ちゃんは大吉でオオハシャギでした。おみくじの種類と順番でお爺ちゃんと口喧嘩まで。

縁結びの東京大神宮を後回しにしたのが、運の尽きお二人ともグロッキーで参拝は中止です。

おみくじの種類と順番と一言で申しましても、これが意外に難問でして、お寺と神社でも違いますし同じ神社どうしでも微妙に異なります。
明治神宮のおみくじは最初から吉凶に関係なく、明治天皇と昭憲皇太后の御製御歌からなり、人の道を御教示されています。

おみくじの吉凶の種類、順番について一般的には、
「大吉」「中吉」「吉」「小吉」「末吉」「凶」「大凶」といわれていますが。
地方地方で違っていたりして一概には言えないと云うのが本音ですね。
広く知らるおみくじの順番は「大吉、中吉、小吉、吉、半吉、末吉、末小吉、凶、小凶、半凶、末凶、大凶」らしいのですが、「吉」がときに「大吉」の次にきたり「中吉」の次だったりしています。

個人的には大吉、吉、小吉・大凶、凶、小凶で理解しています。
後世に知恵者がいて、ボリュームをもたせバラエィー豊かにしていったのか、誤謬が広まったのではないのでしょうか。

おみくじの起源はこちらへ


そもそもが、おみくじの種類の順番である吉凶にこだわり一喜一憂するのは可笑しな話しで、おみくじの内容を熟読玩味して、神様の良きアドバイスと受け止められ幸福の道を歩まれることです。




posted by daijinguu3 at 21:22 | おみくじの種類と順番 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。